ゴムホースの差し替えには断じて時間はかかりません

冷凍倉庫の働き手としてワーカーとして働いてますが、たまに器械工務としても働いています。 毎朝、器械の審査を行っているのですがたまたまゴムホースが2会社爆発していて水がチョロチョロと漏れていました。 個人的には水見回りはめったにやりたくないのですが、倉庫を冷ますための重要な器械の結果ワガママを言っている場合ではありません。 こういう会社では器械の部分は絶えず段取りを持っておけっていう直感なのでとりわけ予備部分を探すとところから始まります。 ふと一気に見つかりましたが、今も水は漏れています。 ホースを見つけその足でその器械に関する水のバルブを全体閉めるのですが、循環ランクなので目茶苦茶手強いのです。 何とか閉めましたが古臭い故完全には閉まりません。 ゴムホースの差し替えには断じて時間はかかりませんでしたが、トータルずぶ濡れになってしまいました。 ビビッから水見回りはもてあそびたくないのです。手続着の替えはあるのですが中間のシャツまでは持ってません。 仕方なく手続着1枚でその日を過ごしました。 これから水見回りは懲り懲りだ。

入社して直ちにスペシャリストが退職

新卒で入社した会社、今年4ひと月で初めて3時代目にはいりました。 入社して直ちにスペシャリストが退職し、思い付かとおり業務を対応し、リーダーには怒られ精一杯勉学しました。 その値打ちあってか、今では入社当初よりもスピーディーに業務をできるようになり、色んな職業を任せてもらえるように。 やり甲斐を感じている当たり、雇用を考え始めました。というのも、「さらに自分の活躍できる事は弱いかなと」思い始めたからだ。 企業は中小企業だからかこの世の中では具合が薄く、挑戦できる射程も限られています。 今のこの世で一際挑戦したい!そういった内心が出てき始めました。 しだいに頭数が少なっていく同期。 自分の出世で、挑戦してみたくて、こうした会社やってられない、勇退の理由は一切多彩。 でも、素足で真新しい一歩を踏み出しました。わたしは、どうしようかな。 企業のやつは博士だけど、一際挑戦してみたい。3時代目になって常々悩んでいらっしゃる。 そして、前日雇用を決断しました。 私の将来、悔恨の無いように。挑戦できることは挑戦しよう。